保険給付金のお手続き。

Uncategorized

お客様から連絡があり、            「骨折をしたので給付金手続きをしたい。忙しいので郵送で書類を送って。」   と連絡があった。 加入後、勤務地が変わり遠方に引っ越した事もあり久々の連絡だった。 給付金手続きは可能な限り直接お会いしてするようにしていたが、今回はお客様の希望とうり郵送した。書類をってしばらく経った時、事務員さんから 「この方給付金請求書類送った後、まだ返送が無いのだけれどどうなっている?」           と聞かれた。                                        お客様の要望を承った場合、全て記録に残す。(○月○日 給付金請求依頼 といった様に。)    手続きが滞っていないか支社が随時チェックしているのだ。 

早速お客様に電話。                                     「すみません、診断書はとってるんだけどバタバタしてて。近いうちに送ります。」          しかし書類は届かず。

その後、毎月毎月、事務員さんから                             「手続き。どうなってますか?」                                    と催促、その度にお客様に連絡。                              「ごめん、ごめん、すぐ送るよ。」                             「ごめん、忘れてた。」                                   最後には電話出なくなった。

営業電話なら繋がらなくなるのはよくあるが、【今回は給付金をお支払いしますよ~】の連絡なんですけど。給付金の額は5万円。5万円いらないなら私にくれ!

その後、ようやっとお電話がつながり、このまま切ってしまってなるものかと、         「お会いしてお手続きしましょう~!」                            と半ば強引にアポをとり会うことが出来た。

「では、書類お預かりしますね。」                              はぁ~、やっと終わったと思ったら、お客様から思いがけない一言。                            「ところで、この請求とは別でつい4ヶ月程前にも骨折をしたんです。」              なんと!この給付金手続きの間に、また違うところを骨折していたという             危うく「またぁ!!?」と言ってしまうところだった。                   「・・・そうしましたらそちらのお手続きもしましょう。お医者様から診断書とれますか? すぐに書類送りますからちゃんと返送して下さいね。」                              今回の手続きにあたり、                                  「何回もお電話すみませんでした。」                             と謝ってくれた。今度はきっとすぐ手続きをしてくれるだろう。そう信じて送ったが、かれこれ1年近く返送が無い。。。その後、電話、メール、手紙などなど様々な手段で催促をしている。

  また、あるお客様は満期金の受け取り手続きにかなりの時間がかかった。満期金ともなると、金額の桁が違う。お客様に受け取っていただくお金を何時までも払っていないとなれば、問題になるらしく、事務員さんにとどまらず支社からも催促がある。                       バックオフィスが催促するのは、あくまでも私に対して【手続き進んでないけどどうなってますか?】言ってくるわけで、お客様への連絡は全て私。                         本社→支社→営業所→私→お客様                               また。お客様→私→営業所→支社→本社。戻っていく                      伝言ゲームはうちの会社のお家芸なのか?            

 とにかくお客様へ連絡するのみ。最初の一二回は電話出にでてくれたもののその後電話つながらない。電話、メール、訪問を繰り返す。平日では埒があかず、仕方ない日曜日の昼に突撃訪問をした。「○○生命です。」                                     奥様がでた。                                       「お休みのところすみません。ご主人様はいらっしゃいますか?」                すると玄関の奥の方にご主人様の姿発見。ここを逃してはと思い、               「今、お手続き出来ませんか?書類に名前と印鑑押していただければいいので~」                       と伝えるも なんと                                     「今は忙しいから」                                     と姿を消してしまった。これはさすがに萎えた。                        保険を売りに来たのではないのよ、満期金のお支払いの手続きなの、     いらないの?お金~

 ある日、見知らぬ番号から着信があった。なんとそのお客様。                   「実は入院することになりまして、手続きをお願いしたいのですが。前回の満期金のお手続きでは本当にご迷惑をおかけしました。先日手続き書類を送りました。」                       あまりにも丁寧なお電話。別人かと思った。

数日後満期金の手続き書類は到着して無事手続きが終わった。しかし私たち営業は保険売ってなんぼ。どれだけ手間と時間がかかろうと、このような仕事は一円にもならないのだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました